「女」って面倒。でも楽しみたい。

恋愛ガイド・編集ライター・保育士の藤嶋ひじりのブログ。思春期女子の3人の娘と二人目のパートナーと暮らしています。中身がオヤジだからこそ「どう女を生きるか」を模索しつつ生きています。

なぜ「女子力」という言葉があるのか

タイトルを変更しました。

男子力」という言葉はないのに、「女子力」という言葉は、日本全国、さまざまな世代に浸透している。

 

なぜなのだろう。不思議。

 

私のライター講座には、今、まさに性別を超越しようとしている生徒さんがいる。

男から、女へ。

 

彼女と話しているうちに、自分が持っていた違和感を、たくさん思い出すことができた。

 

  • 「女の子なんだから、あぐらはやめなさい」と母に言わたこと
  • 「もうちょっと女らしくできないのか」と父に言われたこと
  • ピンク色・ドレス・リボン・フリル・レースが好きじゃなかったこと
  • 赤と黒のランドセルしかなくて「水色」とか「黄色」なら素敵なのにと思っていたこと
  • 習字道具の購入時に「赤」か「紺」しか選べず、女子でひとりだけ「紺」を選んで、男女にからかわれたこと
  • スカートよりズボンが好きで、いつもズボンばかりはいていたこと
  • ケードロや鉄棒、ボール遊びのほうが好きだったこと

 

私の小さいころは、いつも「女」であることの違和感にまみれていた。その違和感を、さほど感じなくなったのは、いつだったのだろうか。さかのぼって考えていくと、私のなかでのターニングポイントがいくつか見えてきた。

 

1つ目は、泣き虫で怖がりな自分の性格。姉に「あなたみたいな気の弱い男子、絶対にかっこよくない」と言われたことがきっかけだった。仮面ライダーに憧れ、アクションスターになりたかった私は「男子になりたい」といつも言っていたのだが、怖がりでビビりの私に、姉がぶつけてきた言葉だった。「男は強くなければいけない(これも固定観念)」のだとしたら、自分にはやっぱり向いていないのかな、とがっかりした。

 

2つ目は、イメチェンして「女」としてモテるようになったこと。小学生時代、短パン、ショートカット、野球帽がトレードマークで、男子に女子扱いしてもらえなかったのが、中学1年生のとき、眼鏡をコンタクトレンズに変えて、くせ毛(ゆるいウェーブではなく縮毛)をストレートパーマで伸ばしたことで、男子の態度が変わった。「かわいい」と言われるようになり、チヤホヤされるようになったことで、たぶん「女子としての自分」を少し受け入れ始めるようになったのだろうと思う。演技でもいいので「かわいい女の子」をやってみようと思えたのだ。

 

3つ目は、母になれたこと。Sexと妊娠と出産には大きな影響を与えられた。ずっと「性的なことは悪いことだ」と親から固定観念を植え付けられていたので、高校時代の私は、彼氏と二人きりになることを極力避けた。キスが嫌で別れたことすらある。気持ち悪かった。だからかもしれない。最初から快感を得られたわけでもなかった。初体験の彼氏も、前夫も、女をちゃんといたわれるようなSexだったわけでもない。それでも少しずつ自分にとって重要な行為だと思えるようになったのも事実。そして、その結果、妊娠・出産して「母親」になってみて、「女でよかった」と気持ちがしっかり着地した感じだ。出産は大変だったし楽しいものではないけれど、授乳しているときの幸福感はきっと男性にはわかり得ないものだと思う。

 

一生懸命おっぱいを飲むかわいい赤ちゃんの顔。満たされていく表情。それを満たしているのが、母親である私だという自覚。これが、私の「女でいいか」と思えた最後のきっかけだったと思う。

 

今でも、女性ばかりの集団には心地悪さを感じたり、女性特有のルールや気遣い、「愚痴を吐き出すおしゃべり会」には、どうしても違和感を覚えるのだけれど、それでも「女って悪くないかも」とは思えるようになってきた。

 

 

それでも今も、「女らしさ? はぁ? 誰が決めたの?」と思う気持ちは残っている。ただ、「女をやってみるのも、アリかも?」ぐらいには変われた。ということで、このブログのタイトルも少し変えてみた。「女を生きる」は大げさだなと思ったので、

「女」って面倒。でも楽しみたい。

にしてみた。等身大の私の言葉。

 

大和撫子タイプの父から認められず、女の子として愛されずに育ち、実際、フリルやらピンクやらが苦手だった私が、「ま、いいか。楽しんじゃおう」と思えたこと。それが、私の恋愛の原点でもあるので、そんな話も書いていきたいと思う。

 

で、「女子力」という言葉があるのはなぜか。それは、大なり小なり、やっぱり「女子」を演じている人が多いからではないのだろうか。というわけで、もっとみんな「女子をやるのってしんどい」ということを、言いやすい世の中になれたらいいのになという思いも込めて、このブログを更新していけたらと思う。

 

 

   

「愛」とは?

「愛」とは?

「恋」とは?

 

 

よく言われる話題ですが、

私は簡単に「愛してる」とは言えないタイプ。

「愛する」ってすごく大きくて深い気がして

簡単に使っちゃいけない言葉のように感じたのです。

 

 

そんな私が

「これが愛かもしれない」

と思えたのは、30歳を過ぎてから。

 

結婚していた前夫ではなく

離婚後におつきあいしていた9歳年下の恋人と

思いを通わせてからのことでした。

 

太陽と月のような

陰陽をぴったり合わせたような

不思議な関係でした。

 

 

「運命の人」と人生で初めて感じた人であり

激しい恋の感情を初めて味わい

「このカラダさえ邪魔だ」という感覚を味わったことも。

 

激しい恋の炎を体験した相手ですが

その後、別れたり、またよりを戻したりしつつ

結局、最後は別れを選びます。

 

親族にさえ感じたことのない強く深いつながりも感じた相手ですので

その別れを決めたときにも

お互いをすごく大切に思い、お互いに相手の幸せを願いました。

 

 

「この世に、これほど思い合える相手が存在してくれていた」

ということが、私にとってはある意味、

絶対的に「自分は孤独ではない」と気づけたできごとであり

底なしの孤独感とお別れすることができた相手でもあります。

 

 

「恋」はいつか「愛」になる。

それは一理あるのですが、やはり、ならない場合もある。

愛であり、恋である。ということもある。

 

今の夫についても、つきあい始めて7年以上経つ今も

私は異性として大好きだし、惚れ直すことも多いし

仕事も一緒にすることがあるので、本当にイライラすることもあるけど

彼がどんなことをしても彼を好きで、彼をサポートしたいし

彼を裏切ることはないだろうと思える感情を持っています。

 

 

この感情が、恋なのか、愛なのか。

区別は非常に難しい。

 

 

「愛」ってなんだろう? ってよく言われるけど

名前を決める必要なんてないと思うのです。

 

恋愛相談でもよく

「大人の関係ってこんなものなんでしょうか?」と

聞かれることがあります。

 

愛とはこんなもの。

大人の関係とはこんなもの。

 

それは、ただの「区別」なんですよね。

 

区別して、自分の気持ちを落ち着かせたい、納得させたい

という気持ちもわかるのですが、

区別したからといって

自分の不安な気持ちがどうにかなるわけじゃないんですよね。

 

人と心を通わせていくには

「自分の生の感情」と向き合うことからは避けられない。

 

人が恋したり愛したりするのがしんどいのは

相手でもなく、相手との関係でもなく

結局のところ

「自分の感情」と向き合うことがしんどいのです。

 

自分を向き合う覚悟ができていなければ

愛だろうが、恋だろうが、しんどいものはしんどい。

 

区別することよりも、ずっと大切なのは

自分がどう思うか。

自分がどうしたいのか。

 

結局のところ、そこなんだろうと思います。

 

 

   

「あさが来た」のように母と娘にも相性はある

〜血の繋がり=共感者、ではない〜
   

わが家は、母子家庭だ。
再婚はしているが、彼は父親ではない。

母ひとり、娘ひとり。という母子家庭の母娘は、
一卵性母娘という言葉に代表されるように
価値観を引き継いでくれたり、母親に優しい娘が多い。
娘が小さいうちから、母が娘に相談しているケースも。
 
わが家は全然違う。
 
NHK連続テレビ小説『あさが来た』のあさと千代じゃないけど、
私は長女と合わなかった。
 
私は、彼女たちに自分のことを相談したことはない。
家族全体のことで、彼女たちの意見を聞くことはあるが
結論を自分である程度考えてから家族会議に臨む。
 
彼女たちに話を聞いてもらうことすら、あまり無い。
いつも彼女たちの話を「聞く側」にいる。
 
 
 
私自身の母が、いつも話を聞いて欲しがる人で
「娘は、母の話を聞いてくれるもの」という固定観念があり
それがしんどかった。
 
晩年には、母を訪ねると、待ち構えていたように
話の洪水を浴びせられた。私は少しずつそれを避けた。
今思うと、かわいそうなことをしたな、とも思う。
 
母の話題は、いつも愚痴や批判だった。
楽しい話題や、クリエイティブな話題は1割にも満たない。
いつも誰かを批判し、文句をいい、私にアドバイスした。
 
そして、自分の愚痴や批判に同意して欲しがる。
聞いていると、自分がゴミ箱になったような気分になる。
 
彼女に賛同しないと機嫌が悪くなるので
私はいつも彼女の物語のエキストラのような気分になった。
 
異なる意見や、異なる考えであることを
ことごとく嫌がられた。
 
そのために、娘たちには自分の愚痴はもちろんのこと
話をあまりしないようにしてきてしまったのだと思う。
 
それがよかったのかどうかはわからない。
 
いつも母を思ってくれるような娘を持つ人を見ると
やっぱりときどき羨ましいなぁと思う。
 
うちの娘たちが、親である私に批判されることを恐れず
安心し切って、自由な振る舞いをしているのを見ると
彼女たちのことを羨ましいと思うこともある(笑)。
 
もう少し、自分の味方でいてくれるように
マインドコントロールしておけば
自分の味方になってくれたのかもしれないが
恐らく、これだいいのだ。
 
母と娘。
親子だけど、血がつながっているけど合わないこともある。
 
昔は、「母なんだから、わかってくれるはず」だと思った。
何度もトライしてみて、
母が決して異なる価値観を認めないと知った。
 
母は「話し合いましょう」とよく言っていたが
母のいう「話し合い」はいつも、母に同意することだった。
話し合う前から、ベクトルが決まっていた。
話す言葉をどんどん失った。
 
私も、長女とは合わないことが多かったが
違うなりに、愛していることは伝わっているようだ。
彼女なりに成長して、今は、仲はいい。
 
母と娘だから、わかるはず。
母と娘だから、共感できるはず。
 
そう思わなくてもいいと思う。
むしろ、ナナメの関係のほうが気が合うことも多い。
私も、叔母とのほうが話がしやすかった。
母にとっては、それがまた嫌なことだったのだろうけど。
 
血の繋がりは大切だ。
大切にはしたほうがいい。
でも、「理解」や「共感」はまた別だ。
 
無理をしなくてもいいし、期待し過ぎても執着となる。
 
特に、娘の成長を応援したいのなら
自分を批判する娘のことを、そっとそのまま
放置しておいたほうがいい。
 
同性の親を否定し、批判し、乗り越えることが
思春期の成長過程として、自然なことだから。
 
 
 
私は、今の夫や、友人など
周囲に気の合う魂の繋がりを感じる関係があるので
今後も、そこで話を聞いてもらえる環境を
築いていけたら、それでいいと思う。
 
理解者は、意外にも
血のつながらないところに存在する。

つけまつげよりも目ヂカラを

NHKの有働アナのつけまつげが本番中に取れてしまった事件をご存じでしょうか。

 

それを逆手にとって、「オトナ女子のためのつけまつげ特集」をしてしまうNHKの情報番組『あさイチ』。ナニワ商人みたいなスタンスにほれぼれしてしまいます(笑)。仕事でNHK大阪制作の朝ドラに関わっている私は、取材などが無い限り、家で「あさが来た」をチェックしてから出掛けます。そのときに、あさイチもついでに支度しながら見ることがあるのです。

 

有働アナは、たまたま同学年で大阪の名門、北野高校出身。真面目だった中1までは、私も担任に「北野行けるよ」と言われていたのですが、いろいろあり、サボって少しランクの下の高校に行きました(一応、進学校ですが)。ということもあり、同郷の輝ける存在として、有働アナを大阪時代から一方的に(笑)誇りに思い、朝ドラ受けのコメントもチェックしています。

 

アイメイクの必要性って、ある意味、微妙。濃いメイクよりナチュラルメイクのほうが、男性に好まれやすいことは周知のこと。とはいえ、目がキラキラしている人、目が大きい人が、男性に人気があるのも確かなんですよね。

 

でも、この記事にも書きましたが、実は、目の大きさって変えられるんですよ。私は「単身赴任していた父」もビックリしたぐらいに、目が変わりました。整形疑惑があったほど。

そして、30歳ぐらいから目が大きくなり続け、今の目の大きさは、中高生のころとまったく違います。

allabout.co.jp

 

同窓会の度に、整形を疑われましたが、整形はもちろん、アイプチすら未経験。強度近視でコンタクトレンズをしているため、アイメイクが少しでも目に入ると異物感で辛いので、アイライナーを少し引くだけです。

 

それでも「目ヂカラあるね」「目を見ると見ると吸い込まれそう」「魔術にかかりそう(??)」などと言われるのは、私が本当にワクワクしているからなのです。

 

ワクワクした人生を生きるかどうか。人からどう言われようと、親に認めてもらえなかろうと、自分が「こう生きたいのだ」と言える人生を生きていれば、目はどんどん大きくなり、瞳もキラキラしてくるもの(もともとの素材など限界はあるにせよ)。

 

「わ、それ面白そう!」「やりたい!やりたい!」と思えることが日常にたくさんあれば、アイメイクしなくても、目ヂカラはアップする!


騙されたと思って、トライしてみてください。時間してもらえると思います。効果があった方からのコメントもお待ちしています(前回の記事で『私も!』というメッセージもいただきました)。

 

 

   

「年上女性が好き」ではなく「年を気にしない」年下男子を狙うべし

初の「年下男子攻略法」です。

 

昔から年下男子が好きだったわけではなく、恋についてもハンタータイプではありません。ただ、「この人、気が合いそう!」とわかると、積極的にどんどん仲よくなるタイプです。ゆえに、ゆる〜い攻略法として書きました。

 

allabout.co.jp

【告知】京都でプロライター養成講座を始めます!

■関西でプロのライターを目指したい方、スクールを探している方へ

紙媒体の原稿単価がどんどん下がっている昨今。一方で、Webライターさんが増えてきていますよね。でも、小遣い稼ぎではなく、出版社と取引できるプロのライターになりたいと思いませんか?

 

とはいえ、関西では、ライターの仕事というと、情報誌の店取材や、単行本などの書籍の執筆(ゴーストライター)が多いですよね。もしくは、企業に所属するライターがほとんどでしょう。 情報誌の店取材は、体力的に若い人向けであり、アンテナを張る必要があります。単行本の執筆となると、文章量も多く確かな技術が求められるため簡単には書けるものではありません。企業に所属してしまうと、先輩にしっかり仕事は教えてもらえますが、仕事のジャンルが限られてしまうことが多いようです。

 

f:id:hijiri_fujishima:20150605091403j:plain

f:id:hijiri_fujishima:20150605091414j:plain

 

そこで、「プロライター養成講座」を始めることにしました! 編集室Rootsでは、主婦と生活社日経BP社、小学館、学研、保育社、NHK出版など、東京に本社を置く出版社さんと取り引きしてきました。人物取材、いわゆる、インタビューを重点的に仕事してきています。また、広告制作会社からの依頼で企業取材などにも、対応しています。

 

・Webライターで終わりたくないので、取材ができるようになりたい

・今は、情報誌で店取材をしているが、人物インタビューができるようになりたい

・企業の広報担当をしているが、取材・執筆のノウハウが知りたい

・グループでフリーペーパーを作っているが、プロからノウハウを学びたい

・子育てしながら続けられる仕事として、プロのライターを目指してみたい

 

という方に向けて、プロライター養成講座のカリキュラムを作りました。月2回、日曜日に行っていく予定です。なんと、現場に同行していただく機会も設けています!

 

・プロライター養成講座 基礎コース:どんなレベルの方にも始めていただけます

・プロライター養成講座 上級コース:実務経験のある方、基礎コースを卒業した方

・プロライター養成講座 認定コース:卒業生には編集室Rootsから仕事を依頼します

 

と3つの段階に分けて、お伝えしていきます。すべてのコース、取材同行(1~3回)の機会を設けます。現場での動きを知っていただき、実際に、その取材時の原稿を書いていただき、チェックします。 この講座の説明会を行いますので、興味のある方は、ぜひお越しください。説明会は、1時間のミニ講座がついています。1回目の講座も大好評ドキドキ 参加者さんには「2回目も出てもいいですか?」とおっしゃっていただきました。

 

【編集室Roots プロライター養成講座 説明会】

*第2回 説明会 兼 インタビューセミナー(すでに数名お申し込みいただいています)

日程:6月14日(日)9:45~11:45 ←時間変更しています!

場所:キャンパスプラザ京都 和室 ←場所決定

参加費:1,500円(基礎コースにお申し込みの方は、キャッシュバックいたします)  

 

*基礎コースの日程 全10回(予定)*

6月28日(日)

7月12日(日)

7月26日(日)

8月9日(日)

8月23日(日)

9月13日(日)

9月27日(日)

10月4日(日)

10月18日(日)

※別途、取材同行日を設定予定です(基礎コースは1回です)

※原稿を書いて何度もリライトしていただきますので、限定3名とします。

※日程については、参加者さんのご予定を配慮して少し調整する予定ですが  都合がつかない場合のフォロー講習について、現在検討中です。  

 

※説明会のお申し込み・お問い合わせはコチラから

子育てストレス「なんで泣いてるのかわかんない」(2)

赤ちゃんが泣くのは、どうして?

f:id:hijiri_fujishima:20150526231854j:plain

  

赤ちゃんは、運動のために泣きます。

赤ちゃんは、コミュニケーションのために泣きます。 

悲しいから泣くとは限らないのです。

 

とはいえ、泣くには理由があります。だいたい何らかの「不快だよ〜」のサイン。赤ちゃんが泣く7つの理由をチェックしてみてください。

 

  • おむつが濡れてて不快だよ〜
  • お腹すいたよ〜
  • 眠たいよ〜(眠りたいのにうまく眠れないよ〜)

 

これが赤ちゃんが泣く三大理由です。これで思い当たらなければ、次の理由へ。

 

  • 抱っこしてよ〜(かまってよ〜)
  • のどが乾いたよ〜
  • 服装や室温が不快だよ〜
  • 姿勢を変えてよ〜(立ててよ〜)

 

抱っこグセなど気にせず、どんどん抱っこしましょう。また、「おっぱいの時間じゃないから」と水分を与えない人が結構いますが、夏場は少し白湯を飲むだけで落ち着くこともあります。大人だって喉が渇きます。それと同じです。同じように汗で服がべとついたり、部屋の空気が乾燥気味(湿気気味)など、五感で感じる不快感を訴えていることもあります。着替えたり、抱っこしながら他の部屋にいったりすると泣き止みます。

 

また、意外に知られていないのが「姿勢を変えてよ」。例えば、ベビーベッドに置いているとき、首が座っている子なら、少し頭を高くして斜めに置いてやるだけで機嫌が直ることがあります。横抱きを、縦抱きにするだけでも違います。特に、少し年上のお兄ちゃんお姉ちゃんがいるとき、赤ちゃんはその様子を見たいと思うようです。「赤ちゃんだから何もわからない」と思い込み過ぎないことです。

 

さて、これでも泣き止まなくて、理由が思い当たらない場合。そのときは、体調不良かもしれません。その日の夜や、翌日に、発熱したりします。この7つの理由を、まずは試してみてください。大抵、どれかで落ち着きます。

 

でも、考えてみて欲しいのですが、大人だって、理由もわからずに悲しいこともありますよね。赤ちゃんも本人だって説明がつかないまま泣くことだってあるのではないでしょうか。無理にわかろうとしなくてもいいのかもしれません。

 

子育ては、何よりもママがイライラしなくて済むように「前もって環境を準備する」こと。それが一番、ラクチン子育てに繋がります。ママの気分転換も、そのひとつ。

 

赤ちゃんは泣くのが仕事とはいえ、夜泣きの激しい子、家事をしたい昼間に寝ないで泣く子はやっぱり大変。次回、泣き止ませる工夫についてお話しします。